2016.06 旅10日目

2016.6.11(土)
旅10日目。

寝坊せず起きれた。
6時半前に出て、7:06のICに乗る。
普通の電車に比べてIC(InterCity)はひとりあたり2ユーロ高いのだけれど、ちょっと早い、Wifi繋がる。
今回の行き先Riihimäkiへは通常1時間のところ、45分くらいで到着する。
InterCityという名称はドイツやオランダでも使われていて、いわば特急電車みたいなものかな。
列車内でコーヒーとシナモンロールの朝食。

旅10日目 晴れて良かった。
この日は土曜日、バスの始発は10時頃なので、駅から会場まで30分ほど歩く。
行きは身軽だし、朝の散歩がてらボチボチ行く。緑が気持ちいい。

旅10日目 ハーブ盛りだくさん。自生なのかな。

旅10日目 何やら見える。

旅10日目 ガラス美術館横の、狩猟博物館の庭に、木彫りのどうぶつ達。

旅10日目 蚤の市のオープンの時間まではまだ早くとも、もうすでにお客さんも多い。
去年たくさんみつかったアイテムも、今年は全く見当たらず、その代わりではないけれど、今年は今年の「流行り」みたいなものがあった。
決して広くはないけれど、充実した品揃えのスタンドが多く、今年も良いもの見つかりました。
満足して、3度目にしてようやくガラス美術館の中へ。

旅10日目 昔のガラス工場があった場所にできた美術館。
フィンランドのガラス作品がずらりと並んでいます。
制作の方法や道具類、実用品から工芸品、アート作品まで、本当にガラスだらけ。

旅10日目 このあたりは薬瓶かな。
著名な作家の作品も多く飾られていて、「あ、さっき蚤の市であったよ!めっちゃ高かったやつ!」などとなっておりました。
しかし、さすがのガラス美術館、後ろからライトでぼんやりとさす光で、ガラスがとてもきれい。

旅10日目 そろそろバスの時間、蚤の市も賑わっています。

旅10日目 ヘルシンキに戻って駅でカレー。
すごい早さで出てくる。久しぶりのお米うれしい。

一度宿に戻って荷物を置き、すぐに毎日やってるヒエタラハティの蚤の市へ。
15時頃、もうみんな片付け始めていた。

さてどうしようか、と気になっていたフィンランド建築美術館へ。
デザインミュージアムの裏手だった。
この日は展示の入れ替えの日で、常設のみだったので料金は半額。
小さな部屋2つの展示、英語表記をがんばって読むも難しかった。。

旅10日目 すぐ向かいにあった倉庫跡のような建物、めちゃくちゃかっこいい。

旅10日目 段差がないし車ごと入れる感じ。
事務所かなにかの、このカーブ。
なんだろうなんだろう、ここ。気になるー。

旅10日目 屋根の内側は竹に見える木で覆われている。
柱も、手すりも、すごい良い。
なんなのだろうか、謎のまま。。

宿に戻って梱包、梱包。
晩ごはんはサラダとインスタントラーメン。

明日は宿近くで蚤の市があるようなので、楽しみ。
発送も終わらせねば。

mo


関連記事

過去の記事

style

お気に入りに追加したアイテムを使ってコーディネートが楽しめます。

形とサイズから探す
homspun Tシャツmaillot ボーダーmaillot シャツ